· 

【オーガニックハーブの野原から④】~心も体もリフレッシュ!夏のハーブ「ミント」~

★前回までのお話はこちら

夏のハーブといったら、まず思い浮かべるのは「ミント」。
スッキリ爽やかな香りと清涼感に溢れる味わいは、暑い季節になくてはならないハーブの一つ。

そして、毎日の私達の生活にもミントは大活躍!
精油、化粧品、はみがき、ボディジェル・・・。
食用でしたらミントティー、チョコミント、モヒート(ミントのお酒^^)!

今日はそんな数あるメディカルハーブの中でもエース級の実力、「ミント」のお話です。

<ミントの歴史>


和名はセイヨウハッカ。
アジア東部、地中海沿岸、ヨーロッパが主な原産地。
古代ギリシャ時代には既に薬用として栽培が進んでおり、日本においてはシルクロードを渡って伝来し、平安時代頃より貴族階級などで食用や薬用として用いられていたようです。

<ミントの効能>


ミントはシソ科の植物。
ここでは比較的ポピュラーなペパーミントに秘められた効果をまとめてみました。

1.鎮静作用



ミントの放つ香りには、頭をスッキリとリフレッシュしてくれる効果があります。熱や痒みを抑える効果があるので、湿布やかゆみ止めなどにも使われています。
リラックス効果もありますので、化粧水やシャンプー、ボディジェルなどの化粧品などにも多く使われています。


2.抗菌作用・防腐作用



ミントには抗菌作用がありますので、食あたりの予防などにも効果的で、毎日の習慣にミントを摂取することは大変有効です。

はみがきに含まれるミントは口内環境を整えて口臭予防にもなります。
化粧品ですと肌を清潔に整える効果があります。


3.食欲増進・消化促進



メディカルハーブのミントは、胃腸への作用が大変優れていると言われています。
食欲不振、消化不良、下痢や便秘をサポートして、健やかな胃腸に整えてくれます。

 

 

↑弱った夏のお腹にはハーブティーがオススメ♪




いかがでしたか?
夏のハーブ「ミント」は、マルチな才能を持つメディカルハーブ。

まだまだ続く、暑い夏。
暑さを忘れさせてくれるミントのスキンケアで、 夏疲れした肌をケアしましょう。