· 

【ブランド誕生秘話】ロゴナの始まり。それは小さなオーガニックショップから。

 

 

 


ロゴナの原点。
それは、1970年代にドイツで盛んになった自然回帰運動から始まりました。

創立者のハイルプラクティカー*でもあるハンス・ハンゼルとその仲間たちが、
自然からの原料だけで高品質なコスメを作ろうと、1978年に現在のロゴナ社の前進である、
ロリエングッズ社を立ち上げました。

ロリエングッズは、ドイツのオーガニックショップで旋風を巻き起こし、
信頼できるナチュラルコスメとして評価を得ています。






以下、創業者ハンス・ハンゼルの言葉。





「ロゴナの誕生」

1970年代には危険な化学物質が農業だけでなく、化粧品にも多用されてきました。
ロゴナは1978年に、真にナチュラルな化粧品を作る会社として設立されました。
まずは原料を探すことから始め、ゆっくゆっくり、オーガニックコスメを作っていったのです。




「まずは食が大切」

私にとっては健康的な食事が大切でしたので、1975年代にドイツで初めてと言われているオーガニックショップ「アルラウネ」をオープンしました。
ハイルプラクティカー*でもあるので、私の中で何が健康で何が不健康なのかははっきりしていました。





「エコロジカルが大切なテーマ!」

私にとっては、エコロジカルなトレードと言うものは、「世界をよりよく」していくもので、経済的な活動によって私たちの地球を破壊するのではなく、保護していくものなのです。





「価値を分かち合う仲間とともに」

ロゴナの始まりの頃、仲間と一緒に古い水車小屋で生活していました。
当時、生活と仕事が一体化されていて、仕事は人生のミッションでした。
ヒッピーの時代でもあったのですがみんな髪が長くて、私たちにとってはエコロジカルなことがより大切でした。





「ロゴナの価値の中心」

私たちの製品は、私たちが考えるエコロジー、また倫理の表現です。

ドイツで最初に全成分表示を始めたことも、その考えに基づいています。
・高品質なオーガニックの原料
・環境に配慮され、フェアにトレードされた原料
・動物実験反対!
・遺伝子操作反対
・お客様に対して透明性を!

【注釈】
ハイルプラクティカー* 薬草療法士。ドイツの国家資格でハーブを基本としてクライアントを治療できる資格。

ロゴナ 公式ブランドサイト




\いいね!やフォローをお願いします!/
フェイスブックはこちら♪
インスタグラムはこちら♪